「JP2017・ICTと印刷」の開催概要が2月22日開催の「プレJP」で発表
2017年03月01日
これまでJP情報・印刷産業展としてインテックス大阪で開催されてきたJP展は、今年から名称を「JP・ICTと印刷展」に、また開催会場を「マイドームおおさか」に移設して、4月19,20日の両日にわたって開催されます。
「価値・効果創造へ仕組み発見」をテーマに、デジタル化社会のマス・カスタマイズ化の情報提供に即応する
「小ロット・多品種・大量ジョブ生産」に適応するビジネスモデル追求を目指すJP展へと姿を変えていくことになります。

 今年で41回目の開催となる節目を、インダストリー4.0という社会構造や産業機構の変化に追従する印刷生産工程の自動化や
スマートファクトリーの姿を、プリント4.0とする潮流の中で実現していく方向に定めることになります。

 印刷という全産業、全業種にわたる幅広いお客様を持つ産業の取るべき当然の姿として、到達点に向けた段階的な取り組みを
機器提供企業とユーザー企業の共通テーマとして取り組んでいくことを確認することから会期に向けた準備が進められていきます。

準備状況は逐次情報を提供してまいります。